Shibata Renzaburo : 柴田錬三郎

Shibata Renzaburo : 柴田錬三郎
Biography

柴田 錬三郎(しばた れんざぶろう、1917年(大正6年)3月26日 – 1978年(昭和53年)6月30日)は、日本の小説家、ノンフィクション作家、中国文学者。本名は齋藤 錬三郎(さいとう れんざぶろう)。シバレン(柴錬)という通称でも名高い。

歴史小説に新風を送ったことで業績は名高い。『イエスの裔』は芥川賞と直木賞の両方の候補となったが天秤にかけて直木賞を受賞し、その後選考委員となる。代表作に『眠狂四郎』『御家人斬九郎』『水滸伝』『徳川太平記』など多くがあり、戦国・幕末を扱った作品が多く、剣客ブームを巻き起こした。

NHK連続テレビ小説『とと姉ちゃん』劇中で、主人公の甲東出版在籍時代の同僚の五反田一郎(演・及川光博)は、柴田をモデルとしている。